フィリピンのAmazon?ネット通販サービスLAZADA(ラザダ)の使い方を解説します

LAZADAの使い方

こんにちは、みふゅ(@mifyu_manila)です。

お家にいながらインターネットでお買い物。日本にいたら日常的なことですよね。

フィリピンもネット通販が数年前から活発になってきているのですが、流通事情が日本と違うため、ほんとに届くの??という心配の声が多数(私の周り調べ)。

先に結論を言います。

みふゅ

届くんです!

特におすすめしたいのは、妊娠・出産直後で自由に買い物に行けないママ

アプリをダウンロードして気になるものをカートに入れておけば、スマートフォンひとつで買い物ができます。

ということで、今回はネット通販最大手のLAZADAの使い方を解説します♪

LAZADAとは

2012年にサービスが開始された、東南アジア最大のインターネットショッピングの会社。

現在はインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの6カ国に事業を展開しています。

もともとはドイツの会社が立ち上げたサービスですが、近年アリババという中国の巨大グループが経営権を獲得し、世界中の注目を集めました。

サービス内容も次々とブラッシュアップされ、より使いやすいサイトへと進化を続けています。

PC版LAZADAホームはこちらから

LAZADAの使い方(スマートフォンから)

通勤の途中や横になった状態のとき、更に授乳している最中などいつでもお買い物ができるのがスマートフォンアプリのいいところ。

息子の紙おむつをLAZADAで注文してみます。

1. アプリをダウンロードする

iOSアプリはこちらから

Androidアプリはこちらから

2. 商品を探す

アプリを開くとこんな画面が出てきます。

LAZADA

一番上の虫メガネマークに探したい商品を入力して「SEARCH」を押すと、商品の一覧が出てきます。

今回はパンツタイプのおむつのMサイズがほしかったので「diaper pants」で検索しています。

新生児用のテープ付き紙おむつがほしいときは「diaper newborn」などで出てきます。

LAZADA

3. 商品をカートに入れる

パンパースの34枚入り×2袋、530ペソの商品を選びました。マーキュリードラッグで16枚入りが136ペソだったので、少しお得♪♪

LAZADA

下にスクロールしていくと詳細が書いてあります。

Standard Deliveryは5〜10日に到着とあります。注文したのが7月3日なので2日〜1週間で届く予定とのことですね。これは商品によって違うようで、1週間以上かかるものもあります。

Express Delivery(翌日配送)は今回のおむつの場合29ペソで請け負ってくれるようです。安い。

LAZADA

 

必ずDETAILSも確認するようにしています。

LAZADA

今回はパンパースのオフィシャルストアなので特に問題ないですが、たまに紛らわしい写真で全然違うものを販売していることがあるようです。

例えば、家具に見えたものがアクセサリーディスプレイ用の小物だったり^^;

レビューも一応参考になりますね^^

☆返品できる期間が商品ごとに決まっています。このパンパースのおむつだったら14日間OK。

 

詳細を確認できたら、「Add to Cart」をタップ。

LAZADA

4. お会計をする

右上もしくは左下のカートのマークに選んでいる商品の数が表示されます。

カートマークをタップすると以下の画面になります。この一番上の①におおまかな場所を入れるところがあり、一応変更していますが、詳細な住所はアカウントから入れる場所があります。(・・;

②の「PROCEED TO CHECKOUT」をタップ。

LAZADA

ログイン画面が出てきます。

必要事項を記入してログインもしくはサインアップ(アカウント作成)をします。

LAZADA

 

自分の住所の詳細が一番上に出てきて、一番下の表示が「PLACE ORDER NOW」に変わります。

LAZADA

値段や送料を確認して、タップ。

するとSelect Payment Methodの画面に移ります。

今回は「Cash on Delivery」を選択。これはいわゆる「代引」、商品の受け取りのときにお金を支払う方法ですね。

LAZADA

Pay Now」をタップすると、支払い完了画面になり、注文番号が表示されます。

登録したメールアドレスにもオーダーの詳細が届きます。

5. 受け取り

LAZADAが便利だな〜と思うのは、受け取りの目安を画面で見れること!

LAZADA

こんなかんじで、あとどのくらいで届くよ〜というのが示されています。

Cash on Deliveryのときはおつりがないように代金を用意し、配達してくれたお兄さんのスマートフォンにサインをして受け取り完了。

じゃーん。ラップでぐるぐる巻きになって届きました。

Pampars

他にもビニール袋の包装だったりしますが、ヘビーユーザーの夫いわく、包装がボロボロ、、という悲しい状態で届いたことは今のところないそうです^^

 

ところで、今回は通常配送だったんですが

翌日に届きました(;゜▽゜)

エクスプレスの意味って、、、??と思ったけど、これは多分レアケースです。

たいてい5日〜1週間くらいかかるイメージで気長に待っておくといいと思います。

ちなみに、翌日に届くと思っていなかったので画面をこまめにチェックしておらず、配達のお兄さんが来たときに私は外出中でした。

代引きだと再配達が面倒と聞いていたので焦る(; ̄◇ ̄)!!

↓↓

配達のお兄さんがテキストに連絡をくれたので、午後3時頃にまた来て〜と連絡して、無事受け取ることができました。よかったー。

やっぱりクレジットカードで支払い済だとコンドミニアムの受付さんに受け取ってもらえるのでラクですね。

おすすめの支払い方法

LAZADAの支払いは、クレジットカードを利用すると現金をぴったり用意する手間もなく、他の人に受け取りをお任せできるというメリットがあります。

というわけで私のおすすめはクレジットカード支払いです。

以前は商品が届かない不安があったのでCash on Deliveryのほうが安心という声がありましたが、最近は配送状況が記録されているので安心してクレジットカードを使いやすくなりました♪

 

ただ、クレジットカード情報を登録するのがなんとなく不安、、、という人もいますよね。

そんなときはPayMayaというバーチャルクレジットカードを利用するのもありです♪

PayMayaはPLDT系列のモバイル決済サービスで、スマートフォンアプリの中でクレジットカードを即時発行してくれるというもの。

クレジットカードと言いつつも正体はプリペイドカードで、アプリの中にチャージしておいた金額以上は使えないようになっているので安心^^

たまにPayMayaのプロモでLAZADA15%オフも見かけるので、こまめにチェックしています。

詳しくはアメブロに書いていますのでご覧ください。↓↓

参考 マニラでお財布ケータイ②:PayMayaも始まったよ!夢追い人のヨメ in マニラ

まとめ

せっかくお店に足を運んでも「アウトオブストックよーマム」と言われることがちょくちょくあるフィリピンでは、LAZADAは欠かせないサービス。

東南アジアのAmazonといわれるLAZADAですが、本家のサービスをどんどんマネして使いやすくなっている印象です。

ぜひ使ってみてくださいね^^

長文読んでいただきありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください