マニラの水族館オーシャンパークを子連れで楽しもう!チケットの選び方や見どころを徹底解説

マニラ市にある水族館、Manila Ocean Park(マニラオーシャンパーク)。

ドーム型の水槽アシカのショーエイと触れ合えるなど水族館らしい見どころのほか、人魚体験やドクターフィッシュといったちょっと変わったアクティビティもあります。

更に、マニラ湾の目の前なので夕方に行くと世界三大サンセットといわれるマニラの夕日を穴場スポットから眺めることができるというのもポイントです。

日本の有名な水族館と比べるとコンパクトですが、子どもと一緒にじゅうぶん楽しめました♪

今回1歳11ヶ月の息子と一緒に午後から夜まで行ってみたので、詳細をまとめてみたいと思います。

Manila Ocean Park(マニラオーシャンパーク)でできること

水槽・展示

オーシャンパークで見れるものは以下のとおりです。

  • 水槽(Oceanarium):サメ、エイ、熱帯魚、ヒトデなど14,000種の海のいきものがいるとのこと。
  • ペンギン(Trails to Antarctica):餌付け体験も。
  • クラゲ(Jellies Exhibit)
  • (The Birdhouse/ Birds of Prey Kingdom)
  • ウサギやハムスターなどの小動物(The Barnyard)
  • 爬虫類・両生類(World of Creepy Crawlies)
  • アニメ・ヒーローなど(Supertoy Collection)

事前情報によると、目玉はドーム型になっている水槽クラゲ館だそう。

クラゲ好きなんですよねー。(* ̄▽ ̄*)

ショー

Manila Ocean park

ショーは3種類。

  • アシカショー(Sea Lion Show):11時, 15時, 17時
  • バードショー(All Star Bird Show):13時15分, 16時15分
  • 噴水ショー(Symphony Evening Show):18時30分

☆ショースケジュールは変更することもあるかもしれないので行く前に直接ご確認ください。

ふれあい・アクティビティ

意外とアクティビティがたくさんある様子^^

  • サメ・エイとのふれあい(Sharks & Rays Encounter):5歳以上 550ペソ
  • アシカのトレーナー体験(Be a Sea Lion Trainer):7歳以上 800ペソ
  • シーウォーカー(Aquanaut Voyage):5フィート(≒150cm)以上 995ペソ
  • 人魚体験(Mermaid Swim Experience):5歳以上 350ペソ
  • ペンギンの餌付け体験:50ペソ?詳細不明
  • ドクターフィッシュ(Fish Spa):チケットにより込み
  • ペンギントークショー(Penguin Talk Show):チケットにより込み
  • 人魚やイルカとふれあい(CG)・写真撮影(Augmented Really Encounter):チケットにより込み
  • ネオンカーライド(Neon Rides):チケットにより込み
  • 水族館の仕組みを見るツアー(Back of the House):チケットにより込み

シーウォーカーはヘルメットみたいなものをかぶって水槽の中を歩くアクティビティです。

要注意なのはペンギントークショー。これはアニメのペンギンがおもしろおかしくお客さんをいじってトークするショーで、本物のペンギンは出てきません^^;

夫は以前フィリピン人と一緒に来たことがあるのですが、みんな笑ってておもしろかったーと話してました。お子さん受けしそうなショーですね。

その他

子ども用のぬり絵コーナーや、コインを入れて遊ぶ乗り物がありました。

Manila Ocean park

こういう乗り物、意外と人気なんだね、、。

あとはお土産コーナーですね。定番のぬいぐるみなどのほか、水族館と関係ないおもちゃ屋さんもありました。

オーシャンパークの実際

チケット購入

Manila Ocean park

オーシャンパークのチケットは通常4種類+プロモで2種類。

チケットによって入れる場所が決まっています。

チケットの選び方は後ほど詳しく表でご説明します^^♪

>>オーシャンパークのチケットについて

 

とっってもわかりにくいんですが、、

  • 生ペンギンを見たい
  • アシカのショーを見たい

というポイントで、うちはプロモの「Package2」というものにしました。

一人699ペソ(1,470円)。2フィート(61cm)以上の子どもは大人と同じ料金です。Σ(; ̄□ ̄)しかも現金のみ。

 

チケットを買ったらこういうバンドをもらうので、腕に巻きます。

Manila Ocean park

エリアごとにこのバンドをチェックされます。

 

チケットを買うとショーのスケジュールが書かれている紙をもらえます。

Manila Ocean park

ショーの場所は屋外なので、時間をチェックしてから館内を回るといいと思います。

 

さて、入場。

全体図はこんなかんじ。思ったより広いです。

Manila Ocean park

Oceanarium/ 水槽エリア

Manila Ocean park

まずは王道のおさかなエリア。

入り口でいきなり写真を撮られます。1枚200ペソよって!

思わず買ってしまうのがお出かけのときのハイテンションの罠ですね。^^; 記念になるので良かったです。

 

進んでいくとジャングルみたいな外のエリアに出ます。

Manila Ocean park

 

息子はコイに夢中。

Manila Ocean park

 

建物の中に入ると、いきなりニモ♡

Manila Ocean park

色とりどりの熱帯魚の水槽が並びます。

Manila Ocean park

Manila Ocean park

Manila Ocean park

 

見てて飽きないチンアナゴ〜

Manila Ocean park

 

この中心の開けたエリアでは写真撮影コーナー(Augmented Really Encounter)が。

Manila Ocean park

CGの人魚やイルカと家族写真が撮れるんだそう。フィリピン人は並んでいました。さすがみんなセルフィー大好き。

Manila Ocean park

 

そして、一番の見どころ、水槽トンネル

Manila Ocean park

マンタやサメ、たくさんのおさかなが泳ぐのをいろんな角度から見ることができます。

きれい♪

 

こんなふうに水槽のなかでシーウォーカーのアクティビティ(Aquanaut Voyage)をしている人も!

Manila Ocean park

海のなかみたいですねー^^

Trails to Antarctica/ペンギン館

次はお目当てのペンギン。

Manila Ocean park

いっぱい浮かんでる〜

Manila Ocean park

 

真ん中のほうで餌やりをするオプションもあるようです。

Manila Ocean park

 

水槽が高い位置にあるので、ほとんど水の中のペンギンを見るかんじですね。陸をよちよち歩く姿を見たい場合は餌やりオプションをつけたほうが良さそうです。

 

ペンギンコーナーの奥にあるのが、クリスマスコーナー。

ここは完全に人形とジオラマのエリアなんですが、、

Manila Ocean park

 

意外と息子にヒット。

一部に雪が降ってくるところがあるんですね〜♪

Manila Ocean park

 

常夏マニラでは雪を触るのは貴重な機会ですね。フィリピン人の男の子たちもみんな一生懸命触っていました。かわいい♡

Manila Ocean park

World of Creepy Crawlies/ 爬虫類・両生類エリア

ここはトカゲ、ヘビ、カエルなど。

カエルは絵本にたくさん出てくるので本物を息子に見せてあげられてよかったです。

カメはこのエリアにいます。

大きなトカゲやヘビなど私はあまり好きなエリアではなかったです^^;

Birds of Prey Kingdom/ 鳥エリア

鳥のショーは入っていないプランだったので、鳥が飛んでいるところだけ見れるようなかんじ。

鷹?など大きな鳥が近くまでギュンギュン飛び回っています。迫力!

Manila Ocean park

 

周りの川が汚すぎたのが残念、、、。早々に退散しました。

Fish Spa/ ドクターフィッシュ

おさかなが足の角質を食べてくれるというアレですね。

以前ほかの観光地で体験したことがあるんですが、、なんというか別物でした。(;゜д゜)

受付で足を拭く紙を数枚渡されて入場。制限時間は10分だそうです。

 

見えますでしょうか、、

ドクターフィッシュ、巨大!!

Manila Ocean park

これ、くすぐったいとかではないくらい食いつかれます。怖い!!( ̄∇ ̄;)

隣のおじさんの足への集まりっぷりが半端なかったです。

 

ただ、ひゃあひゃあ声を上げていたのは私たち夫婦くらいで、周りはキャッキャとセルフィー笑

 

10分よりも前に退散しました^^;

座るところが濡れているので、下に敷くタオルやビニールがあると便利かもしれません。

Sea Lion Show/ アシカショー

アシカショーは外のエリアに行きます。

開始10分前でもまあまあ真ん中のいい席に座れました。

Manila Ocean park

そんなに濡れないので思いっきり前の方でもいいかも。ただし、日差しが強いのでサングラスはあったほうが良いです。

 

アシカは2匹。

Manila Ocean park

拍手したり、逆立ちしたり、かわかったー♡15分くらいでした。

Manila Ocean park

White Moon Bar/ マニラ湾の夕日

これは水族館ではないんですが、併設しているH2Oホテルの施設は自由に出入りできるようになっています。

そのホテルのバーが、実はマニラ湾の夕日を見れる穴場スポットなんです。

Manila Ocean park

Manila Ocean park

Manila Ocean park

Manila Ocean park

 

バーの隣にウッドデッキがあるので、席につかなくても夕日を眺めることができます。

これまでMOAなどの夕日も見たけれど、ここは目の前に遮るものが何もなく、本当にきれいでした。

Symphony Evening Show/ 噴水ショー

締めは噴水ショー。

アシカショーと同じエリアですが、さすがにお客さんが多く10分前にはぎゅうぎゅう。

 

私たちは後ろの方に座ったんですが、

  • 全体が広く見渡せる
  • 水しぶきが飛んでこない

ということで大正解!

結構客席に水しぶきが飛んでくるような角度の噴水もあって、顔にかかったお子さんが泣いていたりしたので、うちは後ろの方でよかったです^^喜ぶ子もいるかもしれませんが。

 

色とりどりの噴水や真っ白な噴水がライトアップと音楽とともに勢いよく動きます。

Manila Ocean park

Manila Ocean park

フィナーレは特に盛り上がりました。^^

今回見られなかったエリア

チケットや時間の都合で見られなかったエリアもありました。

①クラゲ館

Manila Ocean park

これは大誤算!

入れるチケットだと思ったのに、入り口でダメよ〜と言われてしまいました。

どのチケットプランを見てもクラゲの表示がなかったので、含まれていると思っていました。

クラゲに癒やされたかったのに〜、としょんぼり。

②ペンギントークショー

Manila Ocean park

リアルペンギンの代わりに見れなかったのがコレ。

以前体験した夫曰く、ペンギンのアニメキャラクターが観客をいじったりするトークショーだそうで^^;

わざわざ見るほどでもないかもしれませんが、息子には楽しいかな〜と思っていたので少し残念。

③ウサギなどの小動物エリア

これはどこにあるのか発見できず、退館したあとに発見したという残念なオチ。

このコーナーはチケットブースより外にあります

Manila Ocean park

地図をちゃんと見れば書いてあるんですけどね、、^^;

食事できるお店はあるの?

敷地内にはフードコートやテイクアウトブースがいくつもあります。

Manila Ocean park

H2Oというホテルが併設しているので、レストランもあります。

レストラン一覧はホームページのRestaurantsをご参照ください。

 

うちは噴水ショーが終わったあと、GRABがつかまらない、、(ToT)ということで、レストランを夕食で利用しました。

フィリピンレストランGerry’s

今回はカジュアルなフィリピンレストラン、Gerry’s

Gerry's

ここは夫曰く、バーベーキューが有名なんだそうです。

 

ツナのバーベキュー

Gerry's

Sisig(シシグ)

Gerry's

シシグは豚肉や軟骨をミンチにしてピリ辛の味を付けたフィリピン料理。鉄板でじゅうじゅう焼いてかき混ぜていただきます。

 

Bulalo(ブラロ)

Gerry's

ブラロは牛骨を煮込んだスープ。私の好物なのでここでもトライ♪ 美味しかったです^^

 

シーフードライス

Gerry's

ピラフみたいなかんじ。息子に大好評。

 

Tokwa(トクワ)の炒めもの

Gerry's

トクワはフィリピンのお豆腐。日本のものより固くてゴワゴワしているんだけど、こういう炒めものにすると食べごたえありますね。

 

ということで、全体的にあたり♡

味は濃いめだったけど、美味しかったです。

子連れチェックポイント

小さなお子さん連れのお出かけで気になるポイントかな?と思うところをおおまかにまとめてみます。

  • ベビーカー置き場:☓
  • オムツ替え台:◯(女子トイレのみ)
  • 授乳室:☓
  • エレベーター:??(多分あるけど発見できず)
  • 休憩する場所:◯(フードコートなど)
  • ベビーチェア:△(お店による。Gerry’sはあり)
  • 屋外施設:あり

通路の広さは問題ないんですが、段差や階段が多いのでベビーカーは少し不便そうです。でもベビーカーで来ているお子さん連れの家族もたくさんいました。

ショーの場所は屋根があまりないので、日焼け止めやサングラス・帽子があるといいと思います。

オーシャンパーク基本情報

基本情報

【住所】Quirino Grandstand, 666 Behind, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila(Hotel H2O併設)

【電話番号】(02) 567 7777

【営業時間】月〜金 10:00〜20:00, 土日祝 9:00〜20:00

【URL】https://www.manilaoceanpark.com/

☆メトロ・マニラ内、Caviteなど各地へ有料送迎サービスあり。ホテルH2Oへ問い合わせ(inquiry@hotelh2o.com)

オーシャンパークのチケットについて

入場料の詳細

チケットの種類によって入れるエリアが決まっているので、見たいものをあらかじめ考えていくと選びやすいと思います。

表にしてみたので参考にしてください。^^(1ペソ≒2.1円)

表の見方

  • A:MARIN VOYAGE15 /995ペソ(2,090円)
  • B:SEA BREEZE EXPRESS11 /760ペソ(1,600円)
  • C:OCEAN MADNESS5 /650ペソ(1,360円)
  • D:DEEP SEA RUSH6 /590ペソ(1,240円)
ABCD
1.Oceanarium(水槽エリア)
2.Symphony Evening Show(噴水ショー)(*)
3.The Barnyard(ウサギやハムスターなど)
4.The Birdhouse
5.Super Toy Collection(*1)
6.Sea Lion Show(アシカショー)
7.All Star Bird Show(鳥のショー)
8.Penguin Talk Show(*2)
9.Back of the House(水族館のしくみを知るツアー)
10.Fish Spa
11.World of Creepy Crawlies(爬虫類・両生類)
12.Birds of Prey Kingdom
13.Trails to Antarctica(ペンギン+クリスマスビレッジ)
14.Neon Rides(*3)
15.Augmented Reality(*4)
16.Sharks and Rays Dry Encounter(サメとエイとのふれあい)

☆注目☆

実際の生きものに触れ合うわけではないコーナーに(*)を付けています。

*1:Super Toy Collection スーパーマンなどヒーロー物やキャラクターのエリア。

*2:Penguin Talk Show CGのペンギンがお客さんをいじるトークショー。本物のペンギンのショーではないので注意!

*3:Neon Rides ピカピカ光る車に乗って遊ぶアトラクション。

*4:Augmented Reality CGのイルカや人魚と一緒に写真を撮れるコーナー。

私たちが行ったときは、他にManila Mega Saleというチケットが2種類ありました。

表の見方

  • Package1:460ペソ(970円)
  • Package2:699ペソ(1,470円)
Package1Package2
1. Oceanarium(水槽エリア)
2. Symphony Evening Show(噴水ショー)
3. The Barnyard(ウサギやハムスターなど)
4. The Birdhouse
6. Sea Lion Show(アシカショー)
10. Fish Spa
11. World of Creepy Crawlies(爬虫類・両生類)
12. Birds of Prey Kingdom
13. Trails to Antarctica(ペンギン+クリスマスビレッジ)

(エリアの番号は上のA〜Dの表と対応しています。)

選ぶポイント

ポイントは、

  • 生ペンギンを見たいとき→A・C・Package1・Package2
  • 鳥のショーを見たいとき→A・B
  • アシカのショーを見たいとき→A・B・D・Package2

あたりでしょうか。

水槽エリアや夜の噴水のショーはどのチケットでも見られます。

クラゲは、、どのチケットなら入れたのでしょうか。次に行く機会があれば確認したいと思います(ToT)

まとめ

初めて行ったマニラオーシャンパーク。今回は1歳11ヶ月の息子を連れて4時間程度で回りましたが、大満足でした。

エイを触るなどのアクティビティを増やしたら半日くらいいるかなーというところですが、1歳児だと4時間でも疲れてしまうみたいで、ちょうどよかったです。^^

夕日がきれいに見えるので、夕方あたりに行くのがおすすめです。

お子さんと一緒に身近な水族館を楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください